Nara SGG CLUB

委員会の紹介


私たちは以下の活動を行っております。ご参加をお待ちしております。



通訳委員会
通常のカウンター業務以外に、海外からの来訪者に同行して案内するのが、通訳委員の役割です。事前に予約された方が対象ですので、自分の予定に合わせて活動出来ます。依頼して下さるのは、カップルやご家族連れ、一人旅の方、団体など様々です。同じ観光地でも違う方と行くので反応も異なり、いつも新鮮です。歴史と文化の宝庫奈良をゆったり味わっていただきたいとの思いから、ていねいなガイドを心掛けています。お別れするときの笑顔で疲れも吹っ飛びます。ボランティア・ガイドの醍醐味をご一緒にいかがですか。

翻訳委員会
「ならしみんだより」の英訳版 “Nara City Information for Residents”を発行しています。奈良市が毎月発行している「ならしみんだより」から市内在住外国人の皆さんに役立つ記事を選択し、委員全員が分担して英訳をしています。英訳版は市役所、保健所、市観光案内所、図書館、主な公民館、主要郵便局、奈良県外国人支援センターなどに配付されています。その他奈良県ビジターズ・ビューロー、奈良市観光協会をはじめ、県内、市内の公的諸機関からの翻訳依頼に対して必要であり可能であれば出来るだけ協力をして対応させていただいています。最終的な原稿の校正にはネイティブの方にもお願いするようにもしています。

セミナー委員会
セミナー委員会では年4回 様々な講義や屋外活動を通じて奈良に関する知識を深める活動を行っています。
神社仏閣への訪問、屋外でのフィールドワーク、各分野の専門家や外国人講師を招いての講義などテーマは多岐に渡り、他では聴けない貴重なお話しが聴けます。知らなかった世界が、「なるほど、わかった」になる喜びを一緒に体験しませんか?
また午前中の講義の後は、近隣のレストランなどに昼食の場を設け、普段なかなか会えない会員同士の交流や情報交換もしていただけます。
美しい自然、歴史遺産の宝庫である奈良の魅力を学び、語り合いましょう。

機関紙委員会  
機関紙委員会は機関紙「奈良SGGニュース」を会員相互のコミュニケーションのツールとして、また、会が進んでいこうとする方向性を全会員に理解して頂くツールとして年4回の季刊紙として発行しています。これはまた、日本政府観光局(JNTO)や行政の関係各部署にも私達の活動を詳しく知って頂く役割を果たしていると同時に、全国のSGGクラブとの交流のツールとしても役立っています。会の運営に関すること、会内の種々の行事や市内の観光に関するイベント、味のお店の紹介などを内容とし、読んでためになる、楽しい機関紙を目指しています。

資料委員会
私達の活動は、主に、旅行者、観光客のニーズに応じて情報を探索し、新しい資料の作成、収集をすることです。重要な情報については、実際に現地調査して資料を作成することにしています。宿泊施設や県内の主要な見所については、実際に現地に赴き、最近の状況を調査して、資料にまとめます。共同作業が多いので、自然に交流の輪が広がり、気心知れて、楽しく有意義なSGG活動ができるものと確信しています。  
文化遺産、自然に恵まれた古都奈良の良さを感じていただくお手伝いに貢献できることを願っています。
 
オリエンテーション委員会
当委員会は、正式入会前の研修会員にメイン業務である観光案内所の案内カウンター当番での当番研修や、奈良市内の案内スポットを実際に見て回る実地研修をする新人養成の委員会です。
案内カウンターでの当番研修は約3か月を目途に10回、先輩会員が同席し丁寧に面倒を見させて頂いております。
10名足らずのメンバーですが、会員歴10数年のベテランから、入会後数年のメンバーまで幅広い年齢層で、それぞれの役割をこなしています。
奈良に来られる多くの国からのお客さんに、分け隔てなく笑顔で接し、奈良観光が楽しく、思い出深いものとなるように接客できるボランティアを養成するのが当委員会の役割です。

中国語委員会
ニーハオ! こんにちは!
近年中国語圏からの旅客数は大幅に増加しており、SGG中国語委員会は旅行客に奈良を中国語(普通語)でご案内しています。そのため委員会は2クラスの中国語教室を開き、ガイドの実践研修にも力を入れています。
また日本は古来漢字をはじめ中国文化の影響を深く受けており、中国語圏との交流はこれからの日本にとっても極めて重要なことと考えます。
ご一緒に中国語を使って活動できることを楽しみにしています。
歓迎(ホワンイン)入会!!

定点ガイド委員会
私達は、東大寺大仏殿の前で外国人観光客の方々に、大仏殿及び大仏の概要説明を10分程度でしています。奈良県下の外国語ボランティアガイドグループ(朱雀の会、奈良ガイド倶楽部、EGG、SGG)4団体共同参画で、英語・中国語・韓国語で案内をします。SGGの担当は、英語と中国語です。同行ガイドと違って、短い時間で多くのお客様をご案内するので、多くの方と一期一会の触れ合いを楽しめます。事前に説明を受けるため、より一層理解が深まると好評です。カウンター当番とも違って、同行する部分もあり、会話を楽しめます。同行ガイドへのステップにもなりますので、興味のある方は是非ご一緒しませんか?

広報・IT委員会
私たちの活動は、主にeメールによる会員へのタイムリーな情報配信、またホームページを積極的に活用することにより、外国人観光客に役立つ情報の提供、そして当クラブの活性化につながる取り組みを目的としております。
古都奈良は多くの文化遺産が脈々と引き継がれており、それらは現代の私たちにも多くの感動と癒しの場を与え続けてくれています。
奈良を訪れて下さる方々のために、この掛け替えのない奈良の良さを感じていただけるお手伝いが出来ればと願っております。



inserted by FC2 system